https://store-images.s-microsoft.com/image/apps.8995.8df09f20-a0a3-4e28-81a9-24fa166454a9.f38f251f-2405-44e9-b383-350ea3dc6644.38b48bca-30cd-4706-afec-8bb13cfec095

Coroban(R)

株式会社FRONTEO

Coroban(R)

株式会社FRONTEO

電子カルテや看護記録などの患者情報を「Concept Encoder」で解析し、入院患者さんの転倒・転落のリスクを可視化するシステムです。

This application is available only in Japanese.

電子カルテや看護記録を解析し、患者一人ひとりの転倒リスクを予測
「Coroban®」は、FRONTEOがエーザイ株式会社と共に開発した、転倒転落予測システムです。電子カルテや看護記録などの患者情報を当社オリジナルの人工知能「Concept Encoder」で解析し、入院患者さんの転倒・転落のリスクを可視化します。

入院患者の転倒転落リスクの問題は、患者さんの高齢化により、多くの病院で日常的に起こりうる、身近なリスクとなっています。厚生労働省でも平成30年の「医療の質の評価・公表等推進事業報告書」*において、転倒転落は“起こりうることとして”その要因を取り除くことが基本的な課題であり、“リスクアセスメントを行う事が重要”と明確に報告しています。 一方で、看護業務の多様化、繁忙化による、医療スタッフの負担増も